「国立 真っすぐプログラム」の実現に
力をお貸しください!

武蔵野の大地に育まれた国立市は、伝統を尊び、子供の夢を大切にする文教都市として、また、独自の品格を備える元気な街として、その歴史を刻んできました。

国立で生まれ育ちずっと暮らし続けている私は今、これまで以上に女性の視点と主婦の目線を活用すれば、街に宿る文化や教育の「DNA」を揺り動かし、さらなる飛躍を遂げることができるとの熱い思いで、真っすぐ国立を見つめています。

進展する少子高齢化や防災・防犯対策など、国立には多岐にわたる課題があります。
しかし、その先には、国立のみなさんのあふれる笑顔があります。東京オリンピック・パラリンピックの賑わいも見えます。

私は、誠実に、真剣に、みなさんの声をしっかりと国立市政に届けてまいります。
政治家として・・・その前に、何よりも真っすぐな“人”として。
どうぞみなさん、「国立 真っすぐプログラム」の実現に力をお貸しください。

国立 真っすぐプログラムについて

  • 公・私立中学校の学習環境の整備/産前産後ケア、幼保就園補助制度の拡充など子育て支援のさらなる充実/スポーツ振興による健全な育成活動/児童虐待を地域ぐるみで抑止
  • 高齢者、障がい者にやさしい街づくり/世代間交流の充実を促進し『集える憩いの場』の創出/趣味・スポーツを通じて健康寿命を延伸
  • 地域防災・防犯ネットワーク強化/女性の視点から防災備蓄品の充実/子供を守るための防犯カメラの設置を推進
  • 地元商店街の活性化/産業振興により発展し続ける魅力的な街づくり/文教都市に相応しい芸術と文化の創造・発信/女性が安心して生活できる、人にやさしい街づくり